登録販売者とは、一般医薬品販売に関する資格のひとつです。ドラッグストアや調剤薬局などで扱われている薬剤は、その効能の強さや副作用の度合いなどにより種類がわけられています。その中には特に安全上の注意が必要なものもあり、それに関しては薬剤師のみ、それを販売することが許可されています。そして、それ以外の種類の薬剤に関して販売することが、薬剤師と同様に許可されている資格が登録販売士です。薬剤師に比べると販売できる薬剤の数、種類は限られています。また薬剤師のように、処方箋をもとに調剤を行うと言うこともできません。しかし近年、薬剤の販売だけではなく調剤薬局の役割も兼ね備えているドラッグストア、あるいは薬剤の販売も行っている食品スーパーなどの数も増加している中で、薬剤師の補助的立場として、また薬剤師の不在時を担う重要な立場として活躍が期待されている資格です。ドラッグストアでは、特に登録販売士の資格を持っていると採用面で有利になることが多く、また待遇面でも資格手当などがつくことも多いようです。

登録販売者の資格を取得するには

最近、登録販売者の需要が増えています。と言いますのも、ディスカウントショップやホームセンター等でも薬の販売が出来るようになったからです。薬局やディスカウントショップ等で薬を販売するには、登録販売者の資格を持った人が必要となります。試験を受ける資格は、薬局やディスカウントショップ等で、1年以上勤務すれば、受験資格を得られます。ですから、1年勤務すれば、受験出来る事になります。試験用の本なども、販売されていますので、毎日、こつこつ勉強するだけで十分、資格を取る事が出来ます。一度、資格を取ると、後は登録して更新していくだけですので、頑張って勉強して決して損はないと思います。登録販売者の求人もぐんと増えていますし、資格を持っている事で手当てもつきますので、給料もあがります。最初は、全ての薬を覚えるのは大変かもしれませんが、勤めていく内に知識も広がりますし、自信を持てるようになると思います。

登録販売者の資格取得に関して

登録販売者とは、種類や数は限定されていますが、ドラッグストアなどで扱われている薬剤を販売できる資格です。薬剤師の補助的立場として、またその不在時を担うことができる資格として、近年、ドラッグストアだけではなく、薬剤の販売を行っている食品スーパーやホームセンターなどからも高い需要がある資格です。登録販売者の資格を所持するためには、都道府県による認定試験に合格する必要があります。試験問題も都道府県が独自に作成しているため、都道府県により合格率に差があります。なおこの試験は、自分の居住地に関係なく、どこの都道府県でも受験することが可能です。受験資格として、薬科大学や大学で、薬剤に関する正規の課程を修了し卒業した人に関しては、実務経験が免除される場合もあります。それ以外の人に関しては、高校卒業もしくは高校卒業程度認定試験合格の方は、1年以上の実務経験が必要となり、これ以外の方は4年以上の実務経験が必要となります。ただし、この実務経験も、月に80時間以上、薬剤の販売等に直接的に従事していることが条件であり、それ以外の場合は、1ヶ月としてはカウントされません。また、原則は1か所の事業所での継続勤務を条件としています。登録販売者はこれからもその活躍が見込まれる資格ですから、ドラッグストアなどに勤務することから、その資格取得を目指されるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*